購入時にお部屋の火災保険に入った方がいいの?

お気軽にお問い合わせ下さい!

フリーダイヤル 0120-95-7788

受付時間10:00~19:00(毎週水曜日定休)

購入時にお部屋の火災保険に入った方がいいの?

購入時にお部屋の火災保険に入った方がいいの?

中古マンションを購入する際、たいていの場合は不動産会社や銀行から火災保険の加入を勧められます。

しかし、「保険料も安くないし、こんなにいろいろ保証が必要なの?」と契約に悩まれている方も多いのではないでしょうか。 中古マンション購入時の火災保険加入は義務ではなく、絶対に必要というわけではありませんが、ご自身や家族を守るためには必ず加入しておくべきだと言えます。実際問題、住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、火災保険の加入が必須条件となっているケースがほとんどです! 

火災保険に入らないリスクとは…

火災保険に加入しておかないと、万が一家を失ったときのリスクが大きく、例えば

  • 補償金が出ないので家を修復できない
  • 住宅ローンは残るので、中古マンション修復のための新しいローンも借りられない
  • 賃貸に住むことになっても賃料とローン返済の二重支払い

こうしたリスクがあげられます。

木造の戸建てと違って中古マンションはコンクリート造なので、火事や自然災害などをうけても建物そのものがなくなることは考えづらいです。 しかし、部屋の中の設備や家具などをすべて失うリスクはゼロではありません。 万が一のことが起こった場合、最低でもリフォームやリノベーションができるくらいの補償には加入しておかないと、住む家を失ったのに住宅ローンを払い続けるという最悪の状況になりかねません。
 
■関連記事:住宅ローンの基礎知識①

火災保険が使えるのはこんなケース

保険は加入すればすべての災害に対応できる「ゼロか100か」という保険ではありません。対象となる災害や、補償の範囲を選べるようになっています。具体的にはベースとなる火災保険があり、そこにオプションを追加していきます。

 

ケース1.火災

「火災保険」という名前の通り、基本となる補償です。 自分の部屋で火事を出してしまった場合に加え、他の部屋から飛び火・延焼した場合もカバーします。さらに消火のために部屋が水浸しになってしまった等の二次的被害にも対応します。 ただし、地震による火災は補償されません。 そして補償の範囲は専有部分に限られます。共有部分の損害はマンションの管理組合の範疇となります。 室内の家具家電の補償は、「家財」のオプションを付ける必要があります。

 

ケース2.地震

地震による被害は地震保険をセットして対応しましょう。地震が原因の火災も地震保険の範疇です。とはいえ、地震保険で補償される範囲は火災保険と同様、専有部分のみ。大地震でマンションそのものが倒壊したという場合は、建て替えや大規模修繕の費用が補償されるわけではありません。

また、家財のオプションを付けておけば、たとえば「建物は無事だけれど、家具家電が倒れて壊れてしまった」というようなときに保険金がおります。 新耐震のマンションでは、震度5強までは建物はほとんどダメージを受けません。しかし「タンスが倒れてテレビが壊れた」「食器が割れた」ということは十分にあり得ます。そんなとき、買い替え費用がおりるのはとても助かりますよね。
■関連記事: 中古マンションの耐震性について知りたい!

 

ケース3.その他の災害・損害

その他、風災(台風被害)や水災(洪水・浸水)、水濡れ、個人賠償責任といったオプションがセットできます。選べるオプションの種類は保険会社によって異なりますので、各社のパンフレットやHPを確認してください。 「個人賠償責任」は自分の過失で相手に迷惑をかけてしまった場合に広く適用される補償です。住まいに関係ない被害、たとえば「自転車で走行中、歩行者にぶつかってけがをさせてしまった」というような場合にも適用され、しかも加入者本人だけではなく同居の家族にも適用されます。

中古マンションを購入し、長く安心して住み続けるためには万一の備えが不可欠です。 火災保険は、火災による被害をベースにさまざまなオプションを付けることができます。補償内容は立地や部屋の条件にあわせて必要なものを選びましょう。

火災保険のことがわかったところで早速物件探し!という方は、東京の物件数No.1の中古マンション検索ナビで3万超の物件からお気に入りの1件を探しませんか?完全無料です。

無料登録する

火災保険に関してもっと知りたい方は、専門の担当者から代々木のお店やオンラインで話を聞いてみませんか?

話を聞く

 

(初回投稿日:2017年12月1日)

おすすめ関連記事

中古マンションの値引き交渉の3つのポイントと失敗の防ぎ方

中古マンションの値引き交渉の3つのポイントと失敗の防ぎ方

中古マンションは、販売価格からの値引き交渉ができる買い物です。 もちろ...続きを見る

中古マンション×リノベーションのデメリット11選

中古マンション×リノベーションのデメリット11選

中古マンションを買ってリノベーションすることが近年とても人気です。 おしゃ...続きを見る

リノベ―ションギャラリーでリノベーション(リフォーム)を体験しよう

リノベ―ションギャラリーでリノベーション(リフォーム)を体験しよう

今、大人気の中古マンション×リノベーション(リフォーム)。 その楽しさ...続きを見る

中古マンションを買ってリフォームの魅力とは?

中古マンションを買ってリフォームの魅力とは?

今中古マンションを検討される方に人気なのが、リフォーム・リノベーションです。...続きを見る

無料会員登録

会員様限定の非公開物件多数!お得な新着物件情報もいち早く取得できます。

無料会員登録

最新記事 - NEW ENTRIES

ペット可マンションの実情は?
中古マンション購入に関して

ペット可マンションの実情は?

追炊ではないマンションをリノベーションして追炊にできる?
リフォームに関して

追炊ではないマンションをリノベーションして追炊にできる?

中古マンションでも住宅ローンは使用できるの?(何年組めるの)
中古マンション購入に関して

中古マンションでも住宅ローンは使用できるの?(何年組めるの)

購入時にお部屋の火災保険に入った方がいいの?
中古マンション購入に関して

購入時にお部屋の火災保険に入った方がいいの?

住宅ローンを借りるのに、自分の口座を持っている銀行が得なの?
住宅ローンに関して

住宅ローンを借りるのに、自分の口座を持っている銀行が得なの?

  • 購入前必見 中古マンションSTUDY